産業廃棄物を原料としたRPF(固形燃料)を製造・販売。川越テックは日本ウエストグループです。

ISO環境活動

メールお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ/TEL.049-239-3117

ISO環境活動

ひとりひとりの認識から~広げよう環境保全の輪~

私どもは、環境活動-ISO14001の要求事項を満たす環境マネジメントシステムを制定しております。CO2排出、ダイオキシン排出の削減に対し、確実に実行・維持する役割と責任を確立し、廃棄物処理業に関わる事業活動が環境に与える影響を常に意識して、環境汚染の防止並び継続的な改善に努めます。

ISO14001 マネジメントシステム登録書・付属書(PDF)

環境方針

【 基本理念 】
日本ウエスト株式会社・日本ウエスト東海株式会社・川越テック株式会社・株式会社エフアンドケイは、廃棄物の再資源化を通じて、地球環境に優しい技術により、環境への負荷の低減と環境破壊の予防に努めます。また、排出事業者の立場に立ったきめ細かなサービス、再資源化物利用者には、安心してご利用いただける製品作りを目指し、地球環境問題に関するニーズに持続継続的に取り組み、市場競争力の追求を図ります。

【 基本方針 】

  1. ISO14001の要求事項を満たす環境マネジメントシステムを制定し、確実に実行・継続するために、役割と責任を明確にした環境マネジメントシステムを確立して、循環資源化の推進を図り、環境法令、条例、協定及び他の要求事項を遵守します。
  2. 廃棄物処理業に関わる事業活動が環境に与える影響を常に意識し、環境汚染の予防並びに継続的な改善に努めます。
  3. 事業活動に伴う環境の側面の内、技術的・経済的に可能な範囲で環境目的・目標の設定を行い、定期的に見直します。
    a)受託廃棄物のリサイクル率向上を図り、再資源化の向上に努めます。
    b)電力、車両燃料のエネルギー使用量の削減に努めます。
    c)処理施設周辺の環境美化・清掃に努めます。
  4. この環境方針は文書化し、実行・継続し、かつ全従業員への教育・訓練を通じて周知徹底します。
  5. この環境方針は、社外にも開示します。

環境方針(PDF)

2020年4月1日
日本ウエスト株式会社
日本ウエスト東海株式会社
川越テック株式会社
株式会社エフアンドケイ
代表 長田和志

EMS適用範囲

当社のEMSは、次の範囲に適用する。

①区域・所在地および活動と製品、サービス

日本ウエストグループ
産業廃棄物による固形燃料(RPF)の生産、
中間処理(破砕、選別、圧縮固化(圧縮減容)、破砕・減容)、
産業廃棄物の収集運搬、特別管理産業廃棄物の収集運搬、一般廃棄物の収集運搬

  1. 日本ウエスト株式会社 第一工場
    京都府京都市伏見区横大路千両松町71番地2
    日本ウエスト株式会社 第二工場
    京都府京都市伏見区横大路千両松町9番地1、84番地1

    日本ウエスト株式会社 統括本部
    京都府京都市伏見区表町590番地1
    ア)産業廃棄物による固形燃料(RPF)の生産
    イ)中間処理(破砕、選別、圧縮固化)
    ウ)産業廃棄物、特別管理産業廃棄物、一般廃棄物の収集運搬
  2. 日本ウエスト株式会社 関東営業所
    埼玉県川越市大字平塚新田字高田町175番地1
    ア)産業廃棄物、特別管理産業廃棄物、一般廃棄物の収集運搬
  3. 川越テック株式会社
    埼玉県川越市大字平塚新田字高田町175番地1
    ア)産業廃棄物による固形燃料(RPF)の生産
    イ)中間処理(破砕、圧縮減容、破砕・減容)
  4. 株式会社エフアンドケイ
    京都府京都市伏見区横大路下三栖宮ノ後80番地
    ア)産業廃棄物、特別管理産業廃棄物の収集運搬
  5. 日本ウエスト東海株式会社
    三重県三重郡川越町大字亀崎新田字下新田80番地1
    ア)産業廃棄物による固形燃料(RPF)の生産
    イ)中間処理(破砕、選別、RPF化)
  6. 日本ウエスト株式会社 中部営業所
    三重県三重郡川越町大字亀崎新田字下新田80番地1
    ア)産業廃棄物の収集運搬

②構成員の範囲は次の通りとする。
ア)正社員
イ)パート

③このEMS適用範囲は、社外にも開示します。

EMS適用範囲(PDF)

2020年4月1日
日本ウエスト株式会社
日本ウエスト東海株式会社
川越テック株式会社
株式会社エフアンドケイ
代表 長田和志